焼津市のアオイ整骨院では腰痛・頚椎症などの治療を行っています。体の痛みや、疲れなど異常を感じたらご相談下さい!休日診療も承ります。

焼津市のアオイ整骨院では腰痛・頚椎症などの治療を行っています。体の痛みや、疲れなど異常を感じたらご相談下さい!休日診療も承ります。
焼津市のアオイ整骨院では腰痛・頚椎症などの治療を行っています。体の痛みや、疲れなど異常を感じたらご相談下さい!休日診療も承ります|スポーツ障害治療
スポーツ障害とは?
スポーツ障害とはスポーツをしている中で、同じ動作が繰り返されて発生するケガの事を総称して言います。
長期的に同じスポーツを続けることで体の一部に負担がかかり起こるため「使いすぎ症候群」とも呼ばれます。

成人だけでなく、子どもの成長期にも起こりやすい障害です。
このページでは特に多い3つの症状を紹介します。
野球肘(内側上顆炎)の治療もお任せください 野球肘
野球肘(内側上顆炎)は、投球フォームが定まっていない中で繰り返し投球をし続けた結果、 肘関節の内側の筋肉や骨に炎症が起きて痛みが生じるものです。

ボールを投げるとき、最後のスナップを利かせてボールを切る動作をする際に、手首を曲げる筋肉を強く使います。
この筋肉は、肘の内側から手首の先まで付いていて、この筋肉を使いすぎる事によって、筋肉が付いている場所である肘の内側に痛みを生じるのです。
他にもスポーツによって、テニス肘・ゴルフ肘などもあります。
オスグッド・シュラッター病などの治療もお任せください オスグッド・シュラッター病
オスグッドとは10歳~15歳の成長期の子どもで、ランニングやジャンプ動作、屈伸運動などが多い競技をしている場合に起こりやすい症状です。
ジャンプや屈伸の衝撃で、脛骨(ひざの骨)付近の骨や靭帯に炎症が生じることで起こります。

オスグットはヒザ下の骨(脛骨粗面)に痛みがあり、膝を曲げる・ダッシュするなどで痛みが強くなります。
シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)の治療もお任せください シンスプリント
シンスプリントは脛骨疲労性骨膜炎と呼ばれ、ランニングやジャンプ動作が多い競技をしている場合に起こりやすい症状です。

初期症状は、運動時にスネに不快感や鈍い痛みを感じる程度で運動をやめると痛みは治まります。
しかし症状が進行するにつれ、運動時以外にも押しただけ、歩くだけで痛みが出ることがあります。
スポーツ障害でお悩みの方はアオイ整骨院にご相談下さい!
スポーツ障害(スポーツ外傷)は、上記に挙げたものの他にも首、肩、腕、腰、大腿、足先など全身のあらゆる箇所に起こりえます。
当院で骨折、脱臼、肉離れなど、様々な治療が可能ですので、お気軽にご来院下さい。

また、アオイ整骨院では土日の診療も行っておりますので、練習や大会前のコンディション管理にもピッタリです!

時間外治療にも対応!お気軽にご相談下さい!
ネットでラクチン簡単予約!24時間いつでも受付中!WEB予約専用サイトへリンク